写真と印刷技術について

1813 年、フランスでは画家のニエブスが石版石にアスファルトを塗り、写真版を作ることを考案し、 24年 には 同じくフランスの画家であるダゲールとともに、 写真白版を開発しています。ダゲールは写真研究を行う前 までは、パリで舞台背景やジオラマ作家として活躍して いました。同じ画家で写真研究を先に行っていたニエプ スとともにカメラの研究を始め、 1837年にダゲレオ タイプと呼ばれる銀板写真を発明しています。また、 1879年にはチ ェコのクリッチュによって 写真凹版(へリ オグラビア)印刷が発明されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です