デジタル印刷の普及

現代の印刷の主流となっているデジタル印刷は、これまでの印刷方式と違い、印画紙や製版フィルムなどを必要とし砿いため、高速化とコスト削減が実現し、必要なときに・必要なものを・必要なだけ印刷でき る新しい印刷方法です。

印刷工程は、まず印刷用の版を作りそれを機械にかけて印刷し、裁断や製本などの各種加工を加えて完成させるという流れになっていますが、原稿の処理や加工を含む 一連のデジタル化によって、大幅に工程が短縮されました。

まず、原稿を元に組版をして印刷原版を作成するプリプレスの工程では、汎用型のパソコンを使い、モニター上でページのレイアウトイメージを確定させ、デジタル方式の組版を作ります。
さらにイメージセッターを使い、電算写植システムと同様に組版結果をフィルムなどに 焼き付けて出力することもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です