電子書籍に迫るクラウド化の波

アマゾンが電子書籍サービスで成功を収めた要因の一つとして、 クラウド技術を使用した利用者に使いやす いサ ービスの提供が挙げられます。
アマゾンでは、 キンドルストアの名称で、電子書籍リーダー「キンドル」向けに電子書籍の販売などを行うサー ビスを展開していますが、キンドルだけでなくPCやス マートフォン、 iPadパソ コン向けに、 一つのユーザー IDで購入した書籍がどの端末でも読める仕組みになっ ています。さらに、キンドルでは、 WiFiや3Gなど ワイヤレス通信機能もまた利用者には好評なサービス の一つになっています。電子書籍では、デバイスの魅力もさることながら、 書 籍である以上、読者のニーズをつかむことが大切だとい われています。本をよく読む読者にとっては、デバイスの使い勝手も大切ですが、時 と場所を選ばずたくさんの本が読める環境が大切で、どんなデバイスでもキンドルの本を読めるというアマゾンのクラウドを活用した戦略が ヒットしました。 キンドルでは 「いつでもどこでも六十秒以内に本をダ ウンロ ードできる」というコンセプトで、 3Gタイプであれば、通信料はアマゾン負担で、世界中どこにいても書籍費だけで、直接電子書籍が購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です