自費出版の種類まとめ

この章では自費出版の種類について見てきました。 それぞれの特徴を踏まえたうえで、どのように出版活動を行っていけば良いのかお伝えしていきます。 まず自費出版を考えたとき、すべてを自前で行うのが個人出版でした。 原案の修正から製本・宣伝までを個人で行うため、けっこうな労力がかかるのが難点。 その分コストは最小限に抑えられるのですが、時間もかかりますし、特に初めてという方は課題が多いかもしれません。

そんな場合は製本だけを業者さんに依頼するのがベストで、表紙の製作も依頼するかによって経費は変わってきますが、比較的安価で自費出版が叶います。 また腕に自信があるという方には企画出版がおすすめです。 企画出版は持ち込まれた原稿のクオリティが高く、出せばほぼ100%売れること間違いなし、といった場合に可能となる出版法でした。 出版にかかる費用はすべて出版社もちという非常に好待遇な方法ですが、認められるためには厳格な検閲をパスしなくてはならず、 少しでも売れないと判断された場合、企画はあえなく却下されてしまいます。

「さすがにそこまで売れる見込みはないけれど、それなりに自信はある」という方には協力出版が良いとお伝えしました。 協力出版では出版費を個人で負担する代わりに、宣伝・広告を請け負ってもらえるうえ、本屋さんに100%置いてもらえるのが最大のメリットです。 ある程度資金があり、原稿への情熱があるという人は挑戦してみるといいかもしれません。 最後に紹介したのが電子書籍での自費出版でした。 これは現代の利器であるネットを活かした出版法で、本の形にこだわらないためコストが最小限に抑えられます。 自分に合った出版法を見つけてみてくださいね。

自費出版の種類まとめ” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です