見積もりのときに気を付けること

原稿を書いて自費出版をしようと思ったとき、製本をどこの業者に頼むのか迷うこともあると思います。

大手の出版社に依頼すれば製本だけでなく表紙のデザインや宣伝・営業まで行ってくれる場合も少なくありません。 ただ大手ですのでそれなりのコストがかかってしまいますし、本屋さんに置いてもらうとなると、どうしても経費がかさんでしまいます。

「本の形にできれば、宣伝も必要ないし、書店に置いてもらわなくても構わない」ということであれば、製本屋さんに依頼してみるのがおすすめです。 原稿をプリントして本の形にするだけなので、出版業者に依頼するよりも安上がりで済みます。 本の表紙は自分でレイアウトしても良いですし、製本のときにオプションで依頼することもできます。 ただ依頼する場合は当然無料ではなく、大手ほどのコストはかからないものの、それなりに資金が必要になってくることは押さえておいてください。 いったいどのくらいお金がかかるのか心配になる人もいるかもしれません。

実は価格は一律ではなく、てんでバラバラ。製本業者によって安上がりで済むところもあれば、高めに請求される業者もあります。 「有名なところだからあんまり考えずに頼んじゃったけど、予想外にお金がかかった。ちょっと後悔……。」なんてことにならないためにも、 依頼するときは必ず見積もりを立てておきましょう。どうしても心配なら、複数の業者さんそれぞれに見積もりを出してもらい、あとで決める手もありますよ。 そして見積もりのときに注意してほしいのが、ページ数・カラー・部数です。

これが多いか少ないかによっても料金は変わってくるので、自費出版する際はよくよく検討してみてくださいね。