漢字と仮名のバランスをとろう

文章を見直していく中で、漢字と仮名のバランスもとても重要な項目です。 自費出版で原稿を書くときも例外ではなく、1つの文章中にどれくらい漢字が入っているかによっても印象が変わってきます。 漢字ばかりが入った文章は見た目にも硬そうになってしまいがちですから、あまり使いすぎないように注意が必要です。 かといって平仮名ばかりの文章だと今度は読みづらくなってしまうので、バランスを取らなければなりません。

たとえば「躊躇する」は難しいからといって「ちゅうちょする」と書いてしまうと、非常に読みにくいですよね。 ここは仮名ではなく漢字で書いて、前項でお伝えしたようにフリガナを付けてあげるのが賢明と言えます。 逆に「○○する事も出来る様です」のように漢字に変換しなくても表現できる部分を漢字にしてしまうのも、読むのに疲れてしまいます。

ここは「○○することも出来るようです」とすると、見た目にも漢字と仮名がバランスよく見えますね。 このように漢字に特に変換しなくても済む場合・漢字が詰まってしまっている場合は、仮名に戻してあげると良いでしょう。 もちろん漢字をどの程度の割合で変換するのか、仮名をどのくらい使うのかは個人的な好みや感覚による部分も大きいので、一概に何が正しいとは言えません。

やはり筆者の書きたいように書き、表現するのが自費出版の醍醐味でもありますし、あまりにルールが厳格だと楽しんで書けなくなってしまいます。 なによりもまず書き手の想いが伝わるのが一番で、当初の意図から外れない範囲内で表記を見直し、読みづらさを解消していくのがベストです。 自費出版の原稿をチェックする際は、漢字と仮名のバランスも意識してみてくださいね。